今日から私、ジャニヲタになります

Hey!Say!JUMP 知念侑李くん 観察ブログ

JUMPing CARnivalの知念くんは何故あんなに可愛いのか

3連休も終わりますね!

 

観る時はちゃんと観たくて、平日に手をつける事が出来ず、やっとDVDの大半を消費することが出来ました…幸せな忙しさだった…。

 

 

今回のツアーDVDって面白いですよね。

3年分のJUMPが詰まっていて。彼らはいつまでも可愛くてそんなに変わっていないと思っていたのに、どんどん変わっていくJUMPの表情に驚きました。

 

 

それで思ったんです。

 

 

JUMPing CARnival(京セラカウコン)の知念くん

…可愛すぎない?

 

 

珠玉の可愛さだよ!!!可愛いの純度が高過ぎて見るのが辛い…ッアーーーー可愛いカワイイかわいいkawaii…日本中の母性を搾り取ってくる…

 

 

と、言う訳で。

 

 

今回はJUMPing CARnivalの知念くんはなぜあんなに可愛いのかについて勝手に考察したい。

 

 

考察の前に1つ大切な事を述べておきます。

 

JUMPing CARnivalの知念くんを今から褒め散らかしますが、可愛さというベクトル見た場合の最強であって、知念くんの魅力は可愛さだけではないのです。今の知念くんにはこの時期には出せない格好良さや経験値があって、どんとん魅力が加算されています。

 

 

だから、知念くんのピークは常に今、この瞬間。 

 

人って生きてる分、魅力が増すと思っています。だからこれからも素敵に年を重ねていくJUMPを見ていたい。

 

 

 

つまり、こういう事です。

 

 

さて、本題に戻りましょう。なぜあんなにJUMPing CARnivalの知念くんは可愛いのか。

 

 

・あの頃のJUMPとJUMPing CARnivalのテイストがぴったり合っている

 

あの年のJUMPは「とうとう掴んだ!!!」という開花したてのキラキラに満ち溢れています。そしてツアーのテーマも良い。JUMPって一見1番クール寄りの雄也ですら他のグループに混ぜたらきっとかわいこちゃんな部類であろうグループです。

 

つまり可愛いを表現させたら右に出るものはいない可愛いの精鋭達がポップでキュートな世界観を作り上げるのです。可愛いがテーマなので己の可愛さを余すところなく魅せてきます。

 

全体的にクールな曲の時であっても、お衣装もカラフルで可愛い。こんなもん…可愛くない訳が無い。

 

可愛い可愛い言い過ぎて、序盤で可愛いがゲシュタルト崩壊した。

 

 

・髪型が可愛いを表現するのにベスト

 

知念くんの髪型って年代によって、髪色や襟足、前髪の長さなどマイナーチェンジはされているものの「知念くんの髪型」と言えばなんとなく思い浮かべることが出来るような基本形がありますよね。

 

その変わらなさが恐らく、山田くんに「大ちゃんが着るとお洒落なスポーツブランドコラボ服でも知念がお下がりで着ると練習着で着たのかな?と思っちゃう」と言わしめる要因の1つでもあるはずです。

 

 

が、しかし、私はここの基本形を忠実に守ってくれる知念くんが好きです。アイドルアイコンとして知念くんが君臨する為に必要な魅力が備わっているから。

 

今どきの流行である事とアイドルらしくいる事は必ずしも一致しない。でもだからこそ、知念くんはあのジャニーズ特有の衣装がとっても似合うのです。

 

 

「アイドル以外の生き方は考えられない」と言い切る彼の生き方が髪型に表れているような気さえするのです。

 

京セラカウコンの知念くんの髪型はその基本形の中でも、特に可愛さに特化したほんのり茶髪で重め長めの髪型です。

 

可愛い。どこに出しても恥ずかしくない程度にはめっちゃ可愛い。

 

 

知念くんの顔のパーツでも特に男らしいのは眉毛だと思います。知念くんの眉毛は時代劇で髷を結った時にキリッと見せる事の出来る武器の一つです。吉様の凛とした美しさといったらないよね…!!!吉様大好き!!!!!!眉目秀麗!!!!!結婚して!!!!!吉様!!!!!!それが無理ならジャニショで生写真売って!!!!!!あ、今日は可愛さの話でしたね。取り乱しました。

 

で、今回はその眉毛を重めの前髪で封印する事により、顔立ちが中性的に見える訳です。1粒で二度美味しいお得なお顔だね!!! 

 

 

まぁ、知念くんの場合、完全に女の子っぽくならないのはお鼻と肩幅もかなり男らしいのでそこが良いバランスなのかな…とも思います。なんでも糖度高けりゃ良いってもんでもないからな。

 

 

・ペットショップラブモーション

 

全体的に可愛いJUMPing CARnivalですが、ペットショップラブモーションがなければここまで可愛い界に爪痕を残す事はなかったでしょう…もう私はこれを全国民に普及したい。

 

 

なぜ…アルバムのユニット曲なのか…。ツアーDVDってやっぱり観る人はもうすでにJUMPが好きな訳で。全然JUMPを知らない層にもオススメしたい可愛さ。1度で良いから歌番組で披露してもらえないものか…今更だけども。

 

そして今からHey!Say!JUMPにハマりたいけど、どのDVDから買おうか…と迷ってる人には完全にJUMPing CARnivalを私は推したい。

 

 

(o・ω・)ちゅうちゅう♪

 

って出てきた時には可愛さで胸が苦しくなって一旦停止せざるを得なかった。

 

知念くん本人は「まだギリギリこういう格好もいけるかと思って…」とか「知念がこういう可愛いをやるのは違う」と思っていたようだけども。決めてくれた他のメンバーにセクシーサンキューしたい。

 

 

本人は「こういうのやりたくない」って思いながらやってたところが良い。そしていざやると決めたらアイドル魂爆発して仕草や表情一つ一つに可愛いをこれでもか!!!!!と詰め込んでくるあたりが知念プロ。

 

 

ここまで徹底してやりきってこそ、後々「やりたくない」って公言してもファンは笑顔で受け止められるんですよね。知念くんはそれをちゃんと知っているから言いたい事を言ってもいい。

 

 

あとメンバーも皆可愛い。

 

まず雄也。このペトラをやりたいと言い出したのは雄也説と伊野尾くん説があってどっちが本当なのか分からないけど、年長二人組がこの曲の言い出しっぺなのが可愛い。

 

ずっと嬉しそうに歌っているし、「可愛い曲の時は前髪を作っている」ってchauの時に言ってた様な気がするけど、それもキチッとキメてきている。真顔の時はあんなにクールな雰囲気なのに、ニコニコすると途端に可愛い顔になる。

 

日頃、知念くんが色気のある格好良さを叩き出してきた時は「可愛いの高みから格好良いまでギャップで突き落としてくれるなんて…こんな高低差最高に可愛い知念くんでしか味わえないよ!!!!!」と褒めちぎっているのですが、雄也はその逆パターンでクールから可愛いのギャップに突き落としてくれる稀有な存在だと思います。

 

 

あとやっぱりワンワンワンイエー♪のところ、声量といい、声の良さといい、JUMPはもっと雄也を歌唱メンとして前に出すべきではなかろうか。

 

 

そして裕翔くん。

 

見た目とか例えばファッション雑誌に掲載されている写真だけで言うと完全にアミューズ所属でも第一線を張れる俳優感も持ってるんですけど…

 

裕翔くんかわいいもんね!!!!!

(私の二推しは裕翔くんです)

 

2017年のツアーでI/Oを歌った時のストリート風のお衣装あったじゃないですか。光くんとか山田くんは衣装の世界観通りの着こなしですごく似合ってたんですよね!!!

 

しかしながら、裕翔くんが最高だった。どんなにストリート風のお衣装で悪ぶっても溢れでんばかりのお育ちの良さ。よく漫画で高貴な人が庶民の格好をして街に繰り出すけど、悪いヤツに「お前…貴族の娘だな…」ってバレるやつ。完全にアレ。

 

 

うさぎの格好をしててもしてなくても、コンサート中はずーっとニコニコぴょんぴょんしてる落ち着きの無さ。(褒めてます)

 

コンサート会場の外周回る時、いつも熱心にファンサを振り撒いて帰ってくるから大体裕翔くんが1番帰ってくるの遅いんだよね。それを確認すると幸せな気持ちになれます。

 

一見するとモデルが紛れているんじゃないかと思うかもしれないけど、彼は誰よりジャニーズアイドルです。

 

ちびっこJrの頃もうさぎさんの衣装まとってた彼がうさぎ役なのもまたエモい。

 

 

伊野尾くんはもうなんて言うか…彼の可愛さについて説明いるかね?って言う。

 

 

このツアーの時期でいえばHanakoの猫表紙で世間に見つかり、伊にゃー慧として名を馳せ、男性芸人の皆様にかわいいかわいいと持て囃され…猫といえば伊野尾くん以外誰がいるの?と問いたくなる程にキャラクターを成立させています。

 

 

彼が新しいタイプのジャニーズだな…と思うのは勿論中身は男らしくてお兄さんな面もあるし、伊野尾くんの外見を男性として好きな人も沢山いるけれど、「あの顔に産まれたかった…」とか、番組でも女の子顔だと紹介されたりする所謂ジェンダーレスな魅力も兼ね備えたお顔をしているという所です。

 

 

可愛いキャラが沢山いるJUMPの中でも、知念くんと伊野尾くんは可愛いと紹介される事が特に多いかなーと思いますが、可愛いの種類が被ってないんだよね。

 

知念くんに感じる可愛さは少年性のある可愛さでどこか母性を擽られる可愛さで、伊野尾くんに感じる可愛さは女性性があって「憧れ」であったり線の美しさを感じる全く異なる可愛さ。

 

四者四様の可愛さが詰まっている珠玉の1曲だと思います。リピートが止まらないね。

 

 

以上の3点が知念くんを特に可愛く見せるJUMPing CARnivalの魔法かな…と思いますが

 

 

(o・ω・)「無免許だけど運転しちゃおー」って車型トロッコのハンドルを握ったり、

 

(o・ω・)(おおきくなーれボクというあざとさウルトラ級の曲を歌った後で)来年は大きくなりますと目標を立てたり

 

 

可愛いのはやりたくないって言いつつ、本当は自分がかわいいって分かってやってるプロには永遠に敵わない気がする。

あなたにだったら、永遠に敗北し続けたい。

映画かもめ食堂が好きな話と”僕と圭人”

※今回は好きな映画についてお話をしているので、ジャニーズ含有量は少なめとなっております。ですが、今どうしても話したかった事なのでご了承ください。

 

 

皆さんは何度も繰り返し観ている映画ってありますか。私はあります。

 

映画 かもめ食堂 です。

 


f:id:YURIsWallet:20180624000830j:image

 

とても人気のある映画ですが、私がこの映画に出会ったのは古本屋さんで「そう言われてみればよく名前は聞いていたけれど、読んだことなかったな… 」と小説版をなんとなく手にした事から始まり(食べ物にまつわる小説を読むのが好きなのです)

 

こんな話なら映画も観てみたいな…とDVDを手にした事がきっかけです。手にした時にはとっくに映画のレンタルも始まっているような時期でした。

 

 

物語はフィンランドで食堂を1人で開く女性(小林聡美さん)が、日本での生活からふいに抜け出したくなってなんとなくフィンランドに来てしまった女性達(片桐はいりさん、もたいまさこさん)にそれぞれ出会い、1人が2人になり、2人が3人になり皆で食堂を切り盛りして暮らしていく。

 

と言う日常を切り取った様な映画なのです。スリリングな展開や悲しい事がなく、ずーって安心して観られる映画なので、平日の仕事が終わった後に家で用事を済ませつつ、ながら見をしても疲れる事はありません。

 

これが一番観る回数が多くなる理由かも知れません。プラダを着た悪魔などのファッション映画も好きなんですが、ドキドキする展開のある映画は観るのに多少の体力を要します。(あくまでも私は)

 

 

そして画面がずっと美しい。

 

あぁ、部屋を綺麗に保ちたい。手間暇を掛けた美味しいものを食べたい。仕事頑張ろう。と言う意欲すら湧いてきます。疲れた時のカンフル剤になってくれるんですね。先程も申し上げた通り、観るのに体力を使わないのにカンフル剤効果があるのが素晴らしい。

 

画面が美しいのには理由があります。

 

美輪明宏さんのお言葉で「美しくなりたければ自分が美しいと思ったものだけに囲まれて生きなさい。どんな小さなものでも自分の出来る予算の範囲内で自分の美意識にあったものを選びなさい」というお言葉がありまして…(言葉の詳細は違うかも)感銘を受けたんですよね。

 

この映画に出てくる小道具達は全てその言葉にかなった物だからです。勿論、美輪さんとこの映画には全く関係がありませんが。

 

彼女達のファッションからはじまり、家具、床に敷かれたラグ、食器、ちょっとしたキッチン雑貨に始まり買い物に行く時のちょっとした籠のバッグ、スカーフ。どれもきっと初めて手にした時に彼女達にとって心躍るような出会いだったんだろうと想像できるような品々で、彼女達の美意識にあった物達なのです。

 

 

語彙力が乏しく上手く伝えられないのですが、その素敵な品々を例えばそっくりそのまま真似て自分が買ったとしてもまた違うんですよね。人と物が良い相乗効果を出すには自分らしさも必要だから。だから画面の中の彼女達は美しいのです。

 

お肌もピカピカで(女優さんたちが演じているからなのもあるんですけれど)艶のある手入れされた髪をきちっと結いて、丁寧に食材と向き合った料理でキビキビと食堂を切り盛りする女性達から溢れる品性はいつか自分も身に付けたいものの一つです。

 

 

まぁ全然遠いけどな。

ほら、人って自分にないものに憧れるから。

 

 

彼女達は良い服とは丁寧に手入れした服、贅沢な食べ物とは丁寧に作られた料理であると言う言葉のまま無理をすることなく自然に暮らしています。

 

 

この映画に大きな展開はありませんが、(繰り返しますが、それがすごく良い所です)その代わりに何気ない仕草や会話に大切な事が沢山詰まっていて、観る度に新たな発見があります。

 

 

観る度増えていくので好きなシーンは語りきる事は出来ないのですが、今回は2つのシーンだけ。(特にもたいまさこさん演じるシーンはどれも好きです)

 

 

小林聡美さん演じる主人公のシーンから2つ。

 

 

はいりさんが小林さんに向かって「私が日本に帰ったら寂しいですか?」と聞くシーン。普通だったら「そりゃあ、寂しいですよ」と返すところを「人って変わっていくものだから仕方ない」 って返すんです。

 

言われたはいりさんは少しがっくりしているシーンだったんですが、とっても愛に溢れているなって思うんです。

 

 

その会話だけを切り取ると「寂しいから帰らないって約束して!」って返した方が愛情に溢れているように見えるかもしれない。

でも、いつかは帰ってしまうかもしれない。それでも友人が自分で選んで、ここに居る時間を大切に思っていると受け入れている方が愛情がずっと深い気がするんですよね。

 

 

もう一つの好きなシーンはここです。 

3人で開店準備をしている時に「もたいさんの“いらっしゃいませ ”は丁寧すぎません?」と、はいりさんが言い出します。すると、小林さんは「いいじゃないですか。もたいさんらしくって。」と返すんです。

 

言われた もたいさんも「はいりさんの“ いらっしゃいませ”が雑すぎるんですよ」と返すと

 

また小林さんは「いいじゃないですか。はいりさんらしくって。」と、同じ事を言うんです。

 

それで皆がそれぞれの個性を認め合う事が出来る素敵なシーンです。小林さん演じる主人公の女性は一見すれば感情があっさりとして見えるけれど、人は人だと思っている分、自分が思っている水準までの何かを人に強要することも無い強い優しさを持った女性です。

 

2人とも訳あってフィンランドに来てしまったのだけど、主人公の女性はそれを相手が自分から語る事しか聞き出さないのです。自分の目に見えている物を信じているから。それが2人にとって心地よくて、1人でやっていた食堂が3人になるのです。

 

 

 

まるで、知念くんみたい…って思っています。(油断したら出てくる突然の自担自慢)

 

 

本日(もう昨日か)、私の応援しているアイドルグループHey!Say!JUMPのメンバーである岡本圭人くんが留学の為に活動を休止することが発表されました。

 

公式発表までメンバーはどの様な気持ちで圭人君の言葉を受け取ったのか、圭人君はどんな表情をしているのかハラハラしておりました。(文春が脱退と報じたこともありますし)

 

公式動画を見て、知念くんは大丈夫だ。きっと乗り越えてくれる。と思う事が出来ました。きっと知念くんもこの映画に出てくる主人公の様に「人は人だ」と思える優しさと強さを持っていると信じているからです。

 

勿論弱みを隠すタイプではあるので、目に見えている表情が全てだとは思っていません。でも、まずは「大丈夫だからね」を表情でファンや圭人君に伝えてくれた知念くんにお礼を言いたい。本当にありがとう。あなたのファンで良かった。そして、私も知念くんが見せてくれているその強く優しい表情を信じていられるいちファンでありたい。

 

そして、心配な表情をしていたメンバーもいたので、それはファンが出来るだけ声援で力になれるように声を届け続けたいな…と思っています。皆が皆笑顔でなくたって良いのです。受け取り方もメンバーそれぞれあったって良い。

 

 

そして最後に圭人君。

 

ジャニーズのデビューって…特にHey!Say!JUMPやSexy Zoneの位の年齢でのデビューだと殊更、大人になると感じる事や、一生アイドルでいる事の苦労を想像だにせず、ただ目の前のキラキラしたステージに飛び乗る、まだ知らない故の無邪気さがあると思います。

 

 

そんな背景を持ってデビューを掴んだジャニーズ事務所のタレント達が、自身の心の成長と折り合いをつけて、時には折れそうになっても、ずっと誇りを持ってアイドルであり続けていてくれる事はとっても尊い。その姿はいつも沢山の人に夢と希望を与えてくれています。

 

 

でも、皆が皆、同じ方向を向けない時があったって仕方ないかな…とも思うのです。だってアイドルだって人間だから。

 

もし、圭人君が大学の事とか色々を引きずってコンプレックスを抱えているのなら。それを持ち続けてHey!Say!JUMPを休まず続けるよりも、長い目で見ればしっかりと自分に自信を持って、またJUMPに戻ってきてくれる方が岡本圭人くんの人生においても、またHey!Say!JUMPというグループにとってもずっと良いのだと個人的には感じています。

 

近年、ジャニーズ事務所のグループの寿命はぐっと長くなりました。(以前は解散が早かったようで圭人くんパパである岡本健一さんはなんと今のセブンの年齢でパパになっているのね…!という驚き) 同じく人生も長いのだから、長い目で見ればその数年。数年を費やして人生の充実度が変わるならば是非頑張って欲しい。

 

でも、JUMPの8人もとっても頑張り屋さんが集まっていて、2年でメキメキとまた力を付けるだろうから覚悟して行ってくるんだよ!そして、何より圭人君の担当さんにとっては長い長い2年になるだろうから、その気持ちに応えられるように頑張ってきてね。

 

 

圭人君、あなたの帰りを待っています。

 

好きな映画は坂道のアポロンです👓

映画 坂道のアポロン

 

いよいよ4月に入り、上映されるのも残りわずかとなりました。

 

いやー…すごく…良かったです!

何度観ても良いです。

(突然の語彙力の欠如)

 

いやねぇ…息を飲んで観てたらあっという間に終わっていったから見た後の心地いい疲労による虚脱感でそれしか出てこない!!!手汗がすごい!!!(開き直る)

 

 

 

 

 

 

知念くんが出ている作品は知念くんを応援している私にとって、どれも大切で大好きな物なんですが、坂道のアポロンはまた格別でした。

 

 

知念侑李と西見薫は勿論別の人間で、映画誌のインタビューで本人も似てない所はあると言及していましたが、似ている所も多かったキャラクターじゃないかなと個人的には思います。

 

色が白くて繊細そうな見た目、聡明に見える黒髪、けして前に出るタイプじゃないけれど、いざという時に強い肝の座り方。

それから「この人が本音をさらけ出す事ってあるのかな?」と心で問い掛けたくなるような、一種の孤高さを持った綺麗な横顔。なのに本当はすごく優しい心を持った人であるという事。

 

私は思ってる事の半分も口に出してないんだろうな…っていう内に秘めるタイプの男性に弱いのです。頭脳戦で駆け引きを仕掛けても永遠に敵わない気がする。

 

 

知念くんのことを好きになる人は西見薫というキャラクターには弱いんじゃないかな…?違う所もあるけれど、魅力的な所が沢山似ている。

 

 

また、個人的にはキラキラ青春映画より、めがねとかかもめ食堂とか日常を切り取って何かを語りかけて来る様な映画が好きなんです。坂道のアポロンはそういった映画として観ても、とても質が高かったです。ただ単純にハッピーエンドを観るより、その映画が語りかけたかった事は何なのか自分なりに解釈をする方がその世界に浸れるような気がして深みがあって面白い。

 

 

それに関してはヒロインが小松菜奈ちゃんだったのも良かったですね!彼女は存在自体がすごく洗礼されていてスタイリッシュなので画面をキリッと引き締めてくれてました。彼女のお陰でアイドル映画感が無くなったように思います。だから、ヒロインが小松菜奈ちゃんと聞いた時は「あぁ、本気の映画なんだ…!」と嬉しくなりました。

 

小松菜奈さんと真野恵里菜さんら全くタイプの違う美女2人。原作を読むと、一見2人は逆の配役の方が適性があるように思ったのですがそうじゃない所が功を奏していたように思います。

 

勿論アイドル映画も素晴らしい娯楽である事には違いありませんが、24歳になった知念くんがこういった映画で主演を務めるのが嬉しくて!俳優、知念侑李って感じがする。

 

 

また、この映画は演奏シーンにかなりの尺が使われていましたが、もっと観たい!とワクワクするような高揚感のあるあっという間の時間でした。音楽映画としても良いものでした。

 

演奏経験のない知念くんや中川大志さんにとって8ヶ月にも及ぶ練習期間、他の仕事との両立は大変な苦労もあったと思います。でも、本人が演奏する事によって薫や千太郎が「自分には音楽しか救いがなかった」と思って生きてきた孤独、そして心許せる人に出会えた喜びが音になって溢れ出たように思います。

 

 

”主演がジャニーズ”という事はそのファンが呼べるコンテンツではありますが、反面それを避ける層もいるはずで。でも、この映画はそういう人にこそ観て貰いたいと強く思える作品でした。時代設定も祖父母世代の青春時代位で、ジャズを楽しむ作品としても成立しているし…観てもらえさえすれば絶対楽しんで貰える物だと思うのだけど。

 

だから私はずっとずっと公開が終わって欲しくないような…でも、そういった層の人にも目に付きやすい地上波放送で「知念くんってすごいでしょ!」って自慢したいような気持ちです。

 

 

 

触れようか触れまいか迷いましたが、一つだけ…気掛かりと言えば少々興行収入が伸び悩んでいる事です。いえ、フィルムマークスの口コミランキングは上位だったし!観た人の評価は高くて作品も本当に素晴らしい物でしたので映画としては成功したと言えると思います!それに知念くんがこんな心配をファンにされるのは本意ではないタイプなのも重々承知しております。

 

 

でも、知念くんはいつもアイドルとしてあり続ける為に、苦労や悩みを隠すタイプに成長した様に思います。その知念くんが「プレッシャーで眠れなかった」「自分に務まるのかと考えた」とぽつりと口にした事は驚きを隠せませんでした。どんなに強い心を持っていても人間なのです。出来れば口コミと共に数字としても評価されて欲しかった。

 

それは知念くんにこれからも「ボクはアイドル」だって誇りをもって前に進んでもらう為に。私は生まれ持った才能に奢らず、努力を重ねる事の出来る”アイドル知念侑李”が大好きだから。

 

だからこそ、声を大にして言いたい。

 

「知念くん。あなたのファンは皆、坂道のアポロンを生み出してくれた事を誇りに思っているよ。素晴らしい作品をありがとう!」って。

 

ジャニーズWebで「沢山の人の心に届いてるといいな」と知念くんが言っていましたが、「ファンのみんなに届いてる事が知念くんに届くといいな」と願っております。こんなネットの端っこで呟いた所で届くはずもないのだけど、書かずにはいられなくて。

 

 

坂道のアポロン。公開が始まってから、人生で初めて舞台挨拶に行く事が出来たり、色んなプロモーションを楽しんだり。片っ端から映画口コミサイトに投稿してみたり。サウンドトラックを買って、自分がその世界にいる気分に浸ったり。

 

まるで私も青春の中にいるかのような時間を過ごす事が出来ました。熱中できる事があると、人生はずっと楽しい。知念くんを見付ける事が出来て本当に良かった。

 

 どこのシーンが好きなのかはDVD発売まで温めておこうと思います。

 

 

 

さぁ、また映画館に足を運ばねば。

 

 

私の好きな映画は坂道のアポロンです👓

JUMPちゃんが面接受けたってよ。

White Loveの初回限定盤に付いていたジェイ・ストームのおじ様とJUMPちゃんの面接模様…収録時間が長くてびっくりしませんでした?

 

え?時差がすごい?

 

ものすごい熱量なのに途中でぶった切られた下書きが発掘されたので、最後までしたためて投下する事にしたのです。

 

あしらかずご了承下さいませ。

 

あ、それで面接なんですけど、これで1000円ちょっとって良いんですか?え?何?White LoveのCDも付いてくる?そんなん実質タダやん!!!10周年ってすげーな!!!という訳で感想を書きなぐりたいと思います。

 

もう世間様にはマエヲムケが放たれてるって言うのにな!

 

 

また話逸れるけど、JUMP担がJUMPの事をJUMPちゃんって呼ぶのが 「はーーーーーーー!うちの子たちまだまだ未成年でサンリオ生まれのピューロランド育ちだから!!!実質キキララちゃんみたいなもんだからちゃん付けないとね!!!!!後輩グループよりばぶばぶしてて困っちゃう!!!(困ってない)」みたいな精神が感じられてとても好きです。

 

1人1人感想を書こうと思ったのに有岡くんを書いたところで私の下書きは終わってメモも無くした☆順番ももう分からねぇ☆(じゃあ投下するな)

 

だから有岡くんだけ異様に長いよ!

 

 

(・д・) 有岡大貴

 

カーキーのダッフルコートでご登場

脱いだらツアーTに黒のスキニー

 

って文字にしたらすごく普通な格好な上にツアーTというハンデを背負っても、大ちゃんは「あぁ、普段からオシャレな子なのね」ってパッと見て分かる。丈感とか存在感のあるスニーカーを選んだり、ちょっとした事でバランスを取るのが上手。あとやっぱりこの人身長は低めなのに単体で見るとそう見えない位バランスが良いんだよな…。

 

ば…爆モテオーラが漂っている…!!!

 

こんなん文化祭の準備をする季節位になったらクラスの大半の女子の心を掴みにかかってるやつ。買い出し係のくじ引き有岡くんと一緒にならないかドキドキしたいやつ。なんの下心も無さそうに「あー暑い…!おっ!駄菓子屋じゃん!アイス食べてこうぜ!」って無邪気に笑ってこちらの心をかき乱してくれ!!!!!!!

 

 

夏が来る度、あなたと食べたアイスのソーダ味の思い出にキュンとしたい。(ガリガリ君かよ)

 

 

そんな青春欲を満たしたい貴方に3月10日から公開の映画 坂道のアポロンオススメです。

 

大ちゃんって…会話や仕草でわたわた感を出して「有岡くん大丈夫なの?」って親近感を湧かせつつ、見守ってる間に可愛くて目が離せなくなっちゃうっていう。確実に好感度を上げていくスキル。流石子役出身は違うな…! っていう気持ちでスタンディングオベーションしたい。

 

MVなどのメイキングで本番が始まった途端、あのクシャッと笑う有岡スマイル繰り出す感じ。「うっわ…あの笑顔可愛いの分かっててやってる…」って気付いた瞬間の胸の高鳴り。確信犯の男の人ってなんでこんなに魅力的なんでしょう。

 

こんなに自分を知り尽くした男に勝てる気がしない。

 

 

(o・ω・) 知念侑李

 

カーキーのシンプルなトップスにシンプルなパンツ…黒縁メガネにボサボサヘアー…(白目)

 

これはずるい…

 

 

それでちょっと猫背でもごもごしながら入ってくるんですよ…ずるさがエグい。(日本語を喋れ)

 

OK…私も知念担の端くれをやらせて頂いてる身としてどこがずるいのか具体的に説明させて貰いたい。

 

トップバッターの有岡さんをはじめ、その後続くメンバーにも、知念くんほどのボサボサヘアーなメンバーはおりませんでした。

 

あと、お顔を拝見させていただく限り…私は男性のヘアメイクには疎いので間違った解釈をしている可能性はありますし、いつもよりは薄目ではありますが…多少ヘアメイクの効力を皆から感じる。

 

つまり知念くんは選べたはずなのです。

 

いつも通りアイドルらしい雰囲気で収録に挑むか、プライベートの知念侑李で出てくるのか、をです。

 

 

そして彼は後者を選んだ。つまりこれは

 

(o・ω・)みんなこういうボクかすきなんでしょ?しってる。

 

(o・ω・)あんまりうまくお話できないからみんなに守ってもらわないと…ね?

 

と、知念くんに知念くんをプレゼンされているのです。(思い込みもいい加減にしろ)そしてまんまと引っかかる私。

 

 

勿論これは私の妄想であり、本人がどこまで考えてやってるかは分からないですが、やることなすこと全て「うっわ…こんなの私(俺)が保護しないと生きていけない…生まれたてやん…」って気持ちにさせる技術が高い。何も考えずにやってるならもっと恐ろしい。

 

 

ついでに言うと、そのメガネは山田氏と買いに行き、 某ブランドで、どうやらお気に入りらしく近影のプライベート写真での着用率が高く、 メガネを買おうと思った理由は「坂道のアポロンでメガネをかける役を演じる事になったから」というメガネ一つでどんだけアイドル技術点稼いでくるんや…という知念侑李の沼に今日も沈められております。

 

こんな人が「アイドルをやってない自分は想像がつかないからアイドルをやってなかったらニート」って言うんですよぉ…

 

 

深い。(沼が)

 

 

(´‘▽‘`) 山田涼介

 

髪型、アクセサリー、穴の空いたパンツ、その他諸々120%山田涼介!!!!!!!

 

いや…高低差で耳キーーーーーーンってな?わ!!!!!!!!!

 

知念くんが30%の省エネで来たと思ったら、エースは寸分の隙もなくお洒落してきたよ!!!!!!

 

 

やまちねのシンメっぷりよ…!

山田くんって可愛い。

 

知念くんが「ファンのみんなこういうのが好きでしょ?知ってる」って堂々とボサボサで出てくるところを、山田くんは「ファンのみんなをガッカリさせないように山田涼介であろう」っていう意気込みを感じる。

 

あまりに意気込みがあり過ぎて、その顔面さえあればもう全身UNIQLOでも大丈夫だよ。と声を掛けてあげたくなるけど、私はあんな顔が綺麗なのにずっと努力し続ける彼がとてもアイドルとして希少だと思うから、ずっとこのままでいて欲しい。

 

 

それに個人的には過剰なお洒落をする男性はあんまり好きじゃないはずなんだけど、山田くんはOKなんだよなぁ…。あれだけお顔が綺麗なのだから、ライブはもう少しメイクを薄くしてくれてもいいかなと思わなくもないんですが(※個人的な見解です)

 

何せ顔が綺麗じゃないですか。だから過剰なお洒落をしたとしても、別に彼の場合着こなせてるんだよね。むしろ人間味が無くなって、ドールっぽくなって美しさに凄みが増すというか。あれは山田くんにしかできない芸当だと思う。

 

あと、今回の面接で「JUMPはどんどん変わっていかなきゃいけない」と明言したのも、彼だけだったかと思います。

 

こういう意識の高いセンターが皆を引っ張って言ってくれるから、JUMPはJUMPなんだと思う。ありがとうね。山田くん。

 

 

(*’ー’)薮宏太

 

あ、足が5mある…!!!

 

面接という事でスーツにしました。とチェックのスリーピースをお召になられた帝王様。

 

等身が高すぎて「足長いな…」と足元に視線を向けてたら、視線がご尊顔辿り着くまで道のりがシルクロードばりに長い…。同じテレビの画面を観ているはずなのに距離感がおかしい。

 

勿論普段アイドルをやってる薮くんが冠婚葬祭以外のスーツを持っている訳もなく。その大変にお洒落なスリーピースは本来ならば、面接には向かないもの。そして薮くんはきっとそれを知らない訳はないのです。しかも今回の面接はそこまで拘束性の高いものではない。

 

なのに用意するのも普通の洋服より面倒くさく、しかも終わったらまたクリーニングに出さないと行けないという工程を踏みつつもちゃんとスーツを着てきてくれた薮くんのサービス精神。お似合いです…帝王様…。

 

何をしたらファンが喜ぶのか心得ていらっしゃる。あと…そんな素敵な格好で結婚式にご出席されたら色々なんて言うか…霞まないか心配です…(小声)

 

メモもなくしたのに忘れられない薮くんの一言は「アイドルをやってなかったら何になってたか」という質問で、サラリーマンかな。

 

「出来れば上場企業が良いです」

 

とサラッと仰られたことです。全然違う世界に生きているのに…出てくるこの一言。もうこの人アイドルじゃなくても、絶対出来る人やん。この人と結婚したら絶対幸せになれるって本能が確信した瞬間でした。

 

 

さて、この辺りで順番と記憶が怪しくなってきました。もしかしてもう間違えてたりするのかもしれません。

 

 

 (´v`)中島裕翔

 

私ね!JUMPは皆大好きですけど、あえて知念くんの次に好きなメンバーをあげろと言われたら迷わず「裕翔くん!」と答えると思います!(いきなりなんの宣言だ)

 

私服のファッション好きぴメンで言うと裕翔くんと伊野尾くんが拮抗しております。ちなみに好きぴって言ってみたかっただけです。しっくりきませんでした。二度と使用致しません。すみません。調子に乗りました。

 

伊野尾くんのファッションとかお顔の可愛さって可愛いー!こんなお洋服たまには着たいなぁって言う目線で好きなんですけど、

 

 

裕翔くんはガチ…!

 

至ってシンプルなんだけど、一つ一つこだわって選んだんだろうなっていうディティールに技を効かせたお洒落…これはね。上級者です。上級者。24歳でこれが身に付いているのはすごいと思う。そしてハイトーンのヘアカラーなのに漂うお育ちの良さ。

 

なんでJUMPってハイトーンにしても危険な香りがせずに割とみんなお上品にまとまるんでしょうね?可愛いからだね!

 

あとベストジーニスト賞に選ばれたことを何度も何度もファンに感謝を伝えてくれて。こうして10周年の面接という場にもジーンズを選んでくる。

 

裕翔くんって。いい意味でアイドルっぽくない雰囲気を持っているのに中身を覗くとどこまでもアイドルなのが良いよね。

 

 

(´(ェ)`)髙木雄也

 

これはリアこみ強いわ…!海岸ドライブ連れて行ってくれ!ってなる何かがある。

 

ちょっと(あくまでもJUMPちゃんの中では)悪そうなのが格好なのが良い…危険な香りがする。アイドルじゃなかったらきっと大工になってたとか止めてくれ…良さみが止まらないじゃないか。そんな工事現場あったら1日何往復したら良いんだよ…!交通量上がるわ!!!!!!

 

あと面接官のおじさまに一切物怖じしてないのが良い。確かに最近可愛いところもよく見るけれど、やっぱりこの人は男気が強くて肝が座ってる。なんか頼りたくなる雰囲気に溢れてる。

 

雄也のいい所ってメイキング観てたらスタッフさんと壁があまり無いのが良いなって思う。ニコニコしてて「お願いしまーす」って大きめな声でいうし、マエヲムケでは泡をスタッフさんと片付けてたり。良い男なのだな、と度々思う。

 

あとそんな悪そうな見た目でジャニーズに入ったきっかけが「母親が友人にキンキキッズのコンサートに誘われたけど、興味無い母親の代わりに行ったこと」なの勘弁して欲しい。

 

思春期を迎えた男の子が母親の友人と出掛けてくれるんですよ?そんなことあります?さすがHey!Say!JUMPだな???

 

この見た目と中身のギャップにやられない人はいないと思う。

 

 

(ο^w^)八乙女光 

 

私ね、数少ない仲の良いJUMP担に光くん担がいるんです。ええ、こんな私とお友達になってくれる奇特な人もいるのです。

 

でね、その人と交わしてる約束があるんです。「自担(o・ω・)(ο^w^)がお洒落になったら辛いからその時は酒を浴びるほど呑もうな」って。

 

 

今回の面接の映像をうけまして、我々はまだお酒は呑んでません。(自担に失礼だから土下座しろ)

 

ちょっと上下ニュアンスの違うデニムオンデニムとか最高じゃない???ずっとそのままでいて!!!!!!!!

 

知念くんって自他ともに認める人見知りじゃないですか!!!!!光くんも薮くんに「オレ…友達いないんだよね…」って言ってた事バラされたじゃないですか!!!!!

 

でもアイドルが人見知りとかプラス要素でしかないじゃないですか。可愛いし。いつまでもバブバブしてて困るし(困ってない)

 

でもそれをお洒落が出来る男子がやってたら器用さが垣間見えて「嘘くさいな」って感じてしまうと言いますか。

 

あぁ本当にうちの子不器用なんだな…困る。(困ってない)の証なんですよね。本気でずっとそのままでいて欲しい。

 

あと光くんは事ある事に圭人君の名前を出してあげてるのが優しいし、ちょっとネガティブな質問でメンバーを選ぶ時は(全てを理解してくれて笑いにもなる)薮くんを選んでるのがすごく優しい。

 

 

そのチョイスめっちゃやぶひかぁ…!!!

 

 

(*`Å´) 岡本圭人

 

やっぱり圭人君ってちゃんとしてる頭の良い子なんだな、って感じたのは今回1番面接らしい服を着てきたのは圭人君だったからです。

 

JUMPって割とみんなお洒落だと思うのですが、(知念くんや光くんですらメンバー内で挙げるなら…であって壊滅的な人はいないですし平均値が高いですよね)

 

圭人君は自分に似合うものをすごく分かっている気がします。山ちゃんとカフェデート回の時、「おいおい…下手したらアイドル衣装より好きかも…こんなが道路歩いてるの?東京恐ろし…」と震え上がったものです。 

 

そんな圭人君がタイトでないボトムス、ジャケットをキチンと着てきたのはアイドルやってんのにどこで覚えてきた…!です。

 

ちょっとシワシワだったのはあれはデザインなのか、気になるのですがそうじゃなかったら萌えが増すからそうだったら良いな。

 

最近は圭人君に注目する人が増えてますよね。2018年期待したいと思います!

 

 

('A`) 伊野尾慧

 

私は伊野尾くんの私服のセンスが好きなのですが、やっぱり伊野尾くんは多忙だったのですね。新体操への道の練習着のまま面接です。

 

私服見たかったのでちょっぴり残念。そして、この面接DVDすごく長くてちょっと観てる側も中弛み感が出てきません?いや、分けてみれば良いんだろうけど!全員好きだしついつい全部観ちゃう。

 

でもさ!!!!!!!!

 

 

そんな疲れた目にも伊野尾くんめっちゃ面白かった!!!!!!面接という相手のペースで答える形式のステージであんなに自分のペースにぐいぐい持っていく人います?

 

('A`)「なんでそんなに簡単に片付けるんですか!」

 

伊野尾くんのふんわりしたマイルドな見た目と表情に隠れた爪痕は絶対残したいっていう覚悟が好きです。そして、頭の回転が早いからちゃんと残せるんだよなぁ。

 

そしてそこにメンバーがいると「ドSと言えば知念」って言って喋らないメンバーにパスを回してくれたり、困って言葉に詰まったメンバーがいるとさり気なく助けてくれるんだよね。お兄ちゃんだな、と思う。こういう所もっと世間の皆様に伝わって欲しい。

 

そして今回はメンバーが居ないから全力の伊野尾くんが観られました。すごく楽しかったですし、頼もしいなと思いました。

 

DVD長い長い言ったけど、私の感想の方が長かったわ。そして伊野尾くんほどの爪痕も残せないという。

 

 

ここまで読んで下さった皆様ありがとうございます。ギュッ…(音声による強制握手)

 

 

拝啓 リンリン様 ~未成年だけどコドモじゃないを拝見して~

クリスマスシーズンから年始にかけての怒涛のリリースラッシュ…目まぐるしかったですね!

 

White Love初回限定特典の面接の話。Hey! Say! JUMP 初の紅白歌合戦を観て思った事。書きたいことは沢山あるのですが遅筆なので、今日は自担である知念侑李くんが出演した「未成年だけどコドモじゃない」を観た感想を述べたいと思います。

 

 

ネタバレを含めてるのでご注意くださいね!

 

 

 

 

 

いやー…あれね。年末年始でバタバタしてまだ2回しか観てないんだけど。

 

 

(思ったより) 良かった!!!!!!!!

 

 

いや。自担の映画にそのカッコなんやねん!

って突っ込みが入るのは重々承知です。しかしながら、学生のお嬢さんを対象に作られたであろう世界観にアラサーが飛び込むのはな!!!練習ZEーRO♪(櫻井翔)でハーフマラソン位の気概が必要なんですよ!!!

 

覚えておいてください!!!!!!キッ!!!!!

 

 

読書家と自称出来るほどではないけれど、大人になると本も沢山読んできたし…王道の少女漫画って大体ハッピーエンドに繋がるまでの流れが予測出来るものじゃないですか。

 

 

 

だから、知念くんの社交ダンスシーンの為に映画代を支払うつもりでみせコドを観に行ったんです。でも本当…思ったより良かった!!!!!!(何度言うんだ)

 

 

まず、平祐奈ちゃんがとびきり可愛い。

 

 

この映画イケメンを楽しむだけじゃなくて、昔流行ったキューティ・ブロンドとかそういった類の「女子が観て女子力を上げたくなるキラキラ感」も楽しめる映画になっているのね。小物やお洋服、ヘアメイクもいちいち可愛い。話のテンポも良い。

 

原作も可愛過ぎる表紙に眩暈しつつ、勇気を出して拝読しました。女の子って基本的に自己評価が高くお姫様なヒロインに自己投影しやすいから、女の子が読む物語は可愛い設定の人を主人公にする傾向にあるって何かで読んだ事があるけれど、その王道を攻めてきた感じのヒロイン。

 

そこに平祐奈ちゃんが持つ無邪気な子供っぽさが混ざって、香琳の少女漫画特有の純粋さも本当にあるんじゃないかって思える絶妙なキャスティングでした。水族館のシルエットシーンで見せたけっして内股ではない立ち方があどけなくて、彼女が計算したものではないかもしれないけど特に良かったですね。

 

あそこで綺麗に女っぽく立てる計算高い女子は絶対大人になって己の人生設計をリアルに考え直した時にハイスペックリンリンに靡くから!!!彼女のお陰で物語に真実味が増して青春のキラキラに違和感なく入り込めたと思うのよ!!!ブラボー!!!

 

 

でも平祐奈ちゃんも百戦錬磨の芸能人ですからね。それすら計算かもしれない。でももうなんでもいいわ。可愛いから。騙されてた方が人生って楽しくってよ!(突然の香琳)

 

 

さて。拝啓 リンリン様と銘打ったのにまた脱線してしまいました。いやね。ジャニーズを楽しむだけじゃない映画だったよとただ伝えたくて、冬。

 

 

リンリンはねぇ…!!!もうねぇ…!!!忍びの国から始まって世界体操やら、2017年は知念くんの今まで知らなかった顔を沢山見たなぁっていうものの集大成のような気がしました。

 

 

リンリン役は先方からのオファーだったとTwitterでお見掛けして情報元を探したのですけど見付からず…結局私の中で真偽は不明だったんです。でもパンフレットに「こういうのがあります。どうですか?」って事務所にはじめて聞かれてドキドキしたと書かれていて本当だったのかもしれないなぁと。先方から自担が選ばれるって言うのはやっぱり嬉しい!

 

 

私は知念担な訳ですから、コンサートの時に歌って踊る彼を見て「はい。完全に王子様。プリンスです。あ り が と う ご ざ い ま す !!!!!!!(心で土下座)」とずっと思っている訳で。確かに甘い台詞を囁いてとかそういうシーンに出くわした時笑いにして逃げるなぁ(そこが可愛い♡)と思っていたけれど、リンリンみたいに王子様のような役に大丈夫か不安があったって聞いた時は驚いたと同時に湧き上がる母性をどうしていいか分かんなかったよ!!!

 

 

って言うか!!!生涯の半分以上ジャニーズ事務所に所属して数多の女をピギャーーーーーーって叫ばせておきながら…王子様役に不安があるとか嘘だろ!!!嘘だと言ってくれ!!!私の母性が爆発する!!!いい加減にして知念くん!!!!!

 

 

 

それにしても知念くんって面白いなぁって思っていて。インタビューの何気ない回答でヲタクを安心させて手のひらで転がすのが本当に上手くて。

 

(o・ω・)「台本に抱き寄せるってあったからどれ位抱き寄せていいのか分からなかったから辞書で調べました…」

 

こんな事しゃあしゃあと言ってのける成人男子います???いるんですよ!!!!!!Hey! Say! JUMPの知念侑李くんって言うんですけど!!!!!良かったらあなたの推しにおひとついかがです???アイドル力は保証します!!!!!!!!

 

 

って言うかこんな台詞女子が言ってたら戦闘力高過ぎて絶対友達になりたくない!!!!!合コンに絶対連れていけない!!!!!でも推しに言われる台詞としたら控えめにいって最&高…

 

 

本当に知念くんって人の庇護欲をくすぐって手玉に取る天才だな…と思います。知念くんのこと心配だから保護したいと言いながら、そうやって飼い慣らされているんじゃないかとふと思う瞬間があるんです。頭の回転の早い人だし自分をどう魅せれば良いのかよく知っている。

 

でも人生なんて騙された方が楽しいに決まっているから、私はこのまま手玉に取られていたい。(札束を差し出しながら)

 

さて。

 

そんな手玉に財布ごと取られた女がおすすめするリンリンのハイライトはこちらです。

 

 

 

リンリンって。原作ではもう少し尖ったキャラクターなんですよね。知念くんも男らしいキャラクターで挑んでいました。でも、このノールックコンコンは知念くんの持つ優しさと穏やかさがリンリンのキャラクターに加わって本当に良いシーンでした。あのまま強くて王子様だけで終わっていったら、観た人がリンリンに感情移入しないままだったかもしれない。人って人のちょっと弱い所にくすぐられるから。

 

 

このシーンの優しさがあったからリンリンは「香琳が自分のプロポーズを断る事に心を痛めるんじゃないか…」と、返事は帰ったら聞かせてとあえて香琳が返事をしなくても良いように言ったのではないかとか…リンリンの男らしさの中にある優しさが後ろに見えた様な気がしたんです。

 

 

ダンスシーンの姿勢の美しさは知念くんの魅力の真骨頂だし、尚と対峙のシーンも良かった…。少し前の知念くんならあそこは緊迫した空気で終わっていったような気がしますが…アップになった瞬間の彼の目には今にも零れそうな涙が溜まっていました。

 

忍びの国のあの苦労したという告白のシーンを経て、知念くんの演技力は一段上にあがったような気がします。こうして演じた役柄は知念くんの一部になっているんですね。頼もしいです。

 

 

そういった意味でもみせコドのリンリンは2017年知念くんの集大成と言える作品ではないでしょうか。

 

何よりこんなイケメンが誰のものにもならずに終わっていくなんて映画として最高の結末じゃない???ありがとうみせコド!!!!!!!

 

 

ハッピーエンド!!!

マイスイート知念侑李くんをプレゼンさせて下さい①

知念担が待ちに待った世界体操が始まりましたね!事前番組、記者会見…そしてとうとう本番。勝手に気分は授業参観の母親です。

 

あんな人を頼って生きてきた子をメンバーの付き添い無しで異国の地に放り込むなんて!!!!!!!!!!夜会のおひとり様ロケでも

 

(o・ω・)本当に?本当にボク1人で行くの?

 

って30分もうるうるとスタッフさんにゴネてやっと出発するような子なんですよ!!!!!!!

 

 

今回の世界体操、私はTwitterで箸にも某にも引っ掛からぬような事ばかり呟きながら観ているのですが。たまたま呟きがモーメントに纏められ…世界体操にを観ていたであろう色んな方から反応をいただく機会がありました。

 

 

(その他にも代表選手からいいねを貰えたりなんと言いますか…SNSって凄いなぁ!と言う感激と、観始めると熱中してしまう体操を観ることそのものの楽しさにすっかり魅了されてしまいました。こんな素敵な機会をありがとうね、知念くん。)

 

そして反応をして下さった方のアイコンを見て気付いたんです。私はジャニヲタ活をする為にTwitterをやっているものですから、普段私の呟きに反応してくださる方は基本的にはジャニーズが好きである方達ばかり。しかし今回ばかりは老若男女多様な方々。

 

「これは…知念くんが今までジャ、ジャニーズなんて興味無いんだからね…//////////////って言ってた層から見付かっちゃう可能性がある!!!!!」

 

という事です。やはり歌番組や映画、バラエティーも人の目に触れるチャンスではあるんですがやっぱり興味のある層が観る事が多いと思うんですよね。ええ。私も義務教育を過ぎてからはジャニーズに微塵も興味が無かったのに今じゃこのザマですわ。まさかこんな事になるとは夢にも思って無かったわ!!!!!!!!なる時はなるんや!!!!!!!!!

 

 

という訳で世界体操を迎えて、色んな人の目に触れるチャンスを貰った知念くんへ。私もネットの隅っこからエールを送りたい。

 

もしかしたら知念くんが気になった人がネットの海をさ迷ってここに辿り着いてしまうかもしれない。DA・KA・RA

 

 

自担であるマイスイート知念くんを紹介させてくれ!!!!!!!

 

 

ではまず基本の情報から行きましょう。

 

 ■名前 知念 侑李 (ちねん ゆうり)

はい。もう名前からしてkawaii!!!

響きが天才的に可愛い!!!名は体を表す!!!担当の贔屓目だろと思うじゃないですか?忍びの国で共演した國村隼さんが「知念さんは見た目も名前もひたすら可愛い」と仰られてたからもう…これは公式だと思うわ!!!!(何の) 侑李の李はバルセロナオリンピック銅メダルリストのお父様が「体操で強い選手は中国に多いから」と中国の方の名前によく使われている李を付けられたのです。季節の季とは違うのです。テストに出します。

 

 

■所属事務所・グループ

 ジャニーズ事務所 Hey!Say!JUMP

知念くんは2003年6月2日にジャニーズ事務所に入所しました。弱冠9歳。ち、小さい。(色んな意味で)ですが決して「親や姉に入れられた」からジャニーズに入った訳ではなく、幼稚園からの夢がジャニーズに入ることだったので本人的には満を持しての入所です。入所していきなり親元を離れて忍者ハットリくんの撮影に挑んでいますが香取慎吾くんに「アイドルは大変だよ。それでもなりたいの?」と聞かれ(o・ω・)「なりたい!」と力強く答える知念くんが当時のメイキングで見る事が出来ます。

 

そんな知念くんがデビューを掴み入ったグループがHey!Say!JUMPです。10周年を迎えた今でも先輩方から「まだ10代のイメージがある」「大きくなったねぇ」と言われ本人達も今になっても可愛い衣装をなんの疑問も持ってなさそうに着用し、割とどのメンバーも他所のグループに入れられたら可愛い担当にさせられるであろう可愛いの精鋭達を集めたサンリオ製のジャニーズグループです。何人かはピューロランドに住んでる気がする。でもダンスはすっごい揃ってるから!!!!!!

 

 

■お誕生日 1993年11月30日

JUMPの最年少は3人。山田涼介くん、中島裕翔くん、そして知念侑李くんなのです。しかし、JUMPの末っ子として紹介されるのは知念くんのみの事が多いです。何故ならばお誕生日が1番遅いから。誤差!そんな数ヶ月なんてもう誤差だろ!何歳数ヶ月とかの表現なんて赤子か何かしらの最年少記録を打ち立てたニュースでしか見た事ないわ!!!!!!!!!と強く突っ込みたい自我を抑えて末っ子キャラの自担が1番お誕生日が遅かった奇跡を喜びたい。

 

何故ならば知念くんはあんなに「知念くんが好きです」と言ってくれているセクシーゾーンの松島聡くんが「JUMP兄さん」と呼ぶのにも(o・ω・)「ボクは永遠の弟だから別の呼び方を考えて」と言い放つ程に弟キャラへの企業努力を怠らないからです。

 

ねぇ、それ松島聡くんが例えば「侑李ちゃん」って呼ぶのはもしかして許すパターンなの?(聡くんそんな事はしないだろうけどさ)

 

我儘だな!そんな所も可愛いよ!!!!!!

 

■顔文字 (o・ω・)

ジャニーズ…と言うよりアイドルはファンによってその人を表す顔文字が決められる文化があるようですね。誰が決めているのかは知らないけれど、どのアイドルも秀逸な顔文字が決められていますね。知念くんは(o・ω・)です。どうです!!!!!この顔文字!!!!!!顔文字界で一番可愛いパーツを集結させた珠玉の顔文字ですね!!!!!これ決めてくれた人にお歳暮ぶん投げたい。

 

個人的には知念くんのキュッと上がった口角がちゃんと表現されているお口のパーツが特に愛おしいです。kawaii!!!!!!

 

 

■血液型 利き手

AB型(RHマイナス)左利き

 

うん。アニメかな?2次元でしか見た事ないわ。この設定。普段はニコニコしてるのに仲間が傷付けられたら途端に覚醒して強くなるタイプのキャラクターとかに有りがちだわ。

それとも神様が厨二病拗らせてうちの子のプロフィール設定しました?いい仕事するよね!!!!!!神様セクシーサンキューーーーー!!!!!!!!!

 

 

おっと基本も終わってないのになんだか、また長くなりましたね?イントロダクションがまず長いんだ。あぁ…みせコドの公開までになんとかこのシリーズ終わらせれるといいな!②に続きます(o・ω・)ノ

たまには真面目にジャニーズの写真 Web掲載NGについて一意見を述べる。

頭の中お花畑な記事をうふうふと書き溜めていたんです…まぁ知念くんが可愛いの8文字で済むようなことなんですけれども。

 

済まないよね?可愛過ぎて。

 

 

しかし…センセーショナルなニュースを目の当たりにし、急遽日頃感じていた事を一個人の意見として書かせて頂きたくなりました。

 

センセーショナルなニュースと言うのはあれです。SMAP兄さんのうち3人による新しい地図及び Twitterの開設。そしてTwitterのホットワードにも上がりましたインスタグラマー香取さん、ブロガー稲垣さん、そしてYoutuber草彅さんのニュースです。

 

圧倒的…圧倒的SNS…!!!

 

 

ジャニヲタの自覚がある方なればWebでの写真掲載NGには何度か歯痒い思いをした事があるのではないでしょうか。

 

映画の舞台挨拶でWeb掲載用の写真撮影に入ったら一旦退場する自担の切ない背中。ネットで雑誌を予約しようにも、どの表紙も名探偵コナンの犯人かと思わしきシャドウボーイで判断不可…シャドウボーイならまだ良い!シルエットで何とか目星は付けるから!(愛だね) No Imageって何じゃああああああ!!!切り抜き面倒臭かったんかーーーーーーー!!!!!!!めっちゃ分かるぞーーーーーーーーー!!!!!!でもな!!!!そんな場合に限って商品情報が乏しかったりするんだよぉ!!!!!

 

あとさ!あれだよね!ドラマなんかの公式Twitterでさ!登場して来ないのも切ないよね!Photo by 自担の文字があったら100ファボ気分でファボるよね!!!!!!あとさ!!!!!差し入れとか何食べてるか分かったら嬉しいよね!!!!!!

 

………これが………これが……自担に出来る精一杯のSNSの露出なんだもん………

 

 

そんな世界を当たり前として生きているのでこのニュースは大変革新的で衝撃的でありました。

 

 

でもこれ、結論から先に述べると。

自担にやって欲しいかというと「やらないで pure!」言うのが私個人の意見です。

 

本当に個人的な意見です。そして、このお話はどちらが間違いだと言う話ではありません。

 

 

私はJUMP担であり、知念くんを見付けてこの世界に入ってきました。なので正直に言うと他のジャニーズのグループにはあまり詳しくない面もあるかと思います。ですが、唯一持っている他のグループのLIVE DVDが一つだけあるのです。「SMAP /Mr.S」です。

 

 

長くなるんですが良いですか?

Mr.Sはいいぞ…!!!!!

 

オープニングの演出のお話をさせて頂きますね。設定はスパイに襲われて逃げてくる色男の怪盗5人組。

 

突如、壁をぶっ壊して高級そうな外車っぽい車がバーーーーーン!!!!!!って登場するんですよ!もうね。登場から派手。すげーなSMAP。流石だわ。で、こんなに派手な登場だから全員来たかと思うじゃないですか。中居くんだけなの。でも成り立つの。だって中居くんなんだもバルルルルルルルン!!!!!!!!!なんかエンジン音が聞こえたと思ったらこれまた高そうなバイクで草なぎくんが登場します。やべぇからな。真顔の草なぎくんはつよぽんなんて呼べないからな!!!そして稲垣さんは美女とベットインする寸前にスパイに追われステージに置いてあるベットから出てくるし、香取さんは美女を侍らかせて浴びるほどお酒を飲み酩酊してなんとゴミ箱から出てくるんですわ。もうなんか目まぐるしくてすごいヤバイ(語彙力失う)

 

 

って言うかジャニーズなのにコンサートのオープニングから女と絡むとかどういう事じゃい!!!!!!!って思うじゃないですか?思わないの…(CV:ブルゾンちえみ)彼らの色気が語ってるの…今まで泣かせてきた女の数を。隣にいる美女は今夜たまたま隣にいるだけで朝になったら忘れているくらい彼らにとっては取るに足らないって事を、ね。

 

って感じでもう夢中になったところで木村さんが半裸で登場します(昇天)うん。もう私泣かされた女の1人になりたい。

 

騙して無残に棄ててくれ。

一生の思い出にするから。

 

って言うか!!!!!!!!!5人揃ったよ!!!!!!!!!!やったね!!!!!!!!!えす!えむ!えー!ぴースマアアアアアアアアアアアアアップ!!!!!!!!!!!!

 

さぁペンライトをかざしてアイドルSMAPを応援しよう!!!!!!!キャー!!!!!!!ってなるじゃないですか。

 

 

驚く展開で騙されるから。SMAPに。

もう気持ちいいくらい騙されるから。

 

 

 

この仕掛けは話すとつまらないので是非Mr.Sをご購入頂き、ご確認頂きたい。なんなら私はこれを読んでいるあなたに貸したい。そして騙される瞬間のあなたを隣で見ていたい。

 

 

えっと話が逸れました?

 

あそうそうジャニーズにおけるWeb上での写真掲載がテーマでしたね。

 

上記DVDにおける女性ダンサーとSMAPの絡みは沢山ありますが、それを問題視する空気は無さそうです。またこれは勝手な想像なのですが、SMAPのファンの方はメンバーの誰かが結婚するとなっても「寂しさはあるけれど自担が幸せならば…」と祝福する方が多そうなイメージです。なんて言うかファン層が精神的に大人。

 

 

私…ちぃちゃんがコンサートのオープニングでベッドから

ころんヾ(o・ω・)ノ

って出てきたらすぐにPTA総会開くからな。

 

ここまでだよ。

ここまで到達して初めてSNSをやっても良いのだと思うのよね。私は。だからあの御三方がSNSやるのは問題ないと思うのよね。

 

 

対して、ジャニーズ組さんたちについてですが。

 

やっぱりですね。保守的だからこそ守られている部分って大きいのだと思うのですよ。

 

個人的にして欲しい線引きは映画やドラマ、番組なんかの公式ホームページに掲載する写真は承諾して欲しい。大事な作品や番組のアピールの場所だし、何よりこれは複数の人によって会議や承認を経て作られるものだから世の中に出して良いものしか基本的には出ない仕組みになっています。

 

しかしこれが例えば映画なんかの公式Twitterとなるとどうでしょうか。1人担当者が割り当てられ、一個人の常識の範疇の中でボタン一つで全世界に発信されている可能性だってあるのです。勿論そういったプロモーションのプロの方であることは承知の上です。しかし人は機械ではないのでミスを0にする事は出来ないし、SNSはボタン一つで配信が出来てしまう仕組みなのです。勿論、本人達にやらせるなんて論外です。ジャニーズWebはきっと事務所の方が1度閲覧してから掲載している仕組みなのでしょう。

 

 

革新的な事は目に付きやすく褒められやすいけど、保守的な事は当たり前にそこにあるから目に付きにくく褒められないのですけどね。守り保つ事の方が難しかったりするのです。以前、こんな事を呟いた事がありました。

 

 

 

アイドルとは手が届かないからこそ、スター性が増して、憧れの気持ちが大きくなったりするんですよね。

 

後はいくら本人達が賢く立ち回ったとしてもそのネームバリューや影響力は大きなもので。SNSや掲載をしてもいいという事になれば利用されてしまい何かしらの問題に巻き込まれる可能性だってあるのです。NGを出すという事は熱狂的な渦の中にいる彼らを守る術だと思っています。

 

 

それにさ!SNSで気軽に知念くんの日常を垣間見るより、メレンゲで山田くんがちょっと出してくれた楽屋裏にドキドキしたり、新写真が発売されたとなればジャニーズショップに足を運び、レジで確認で並べられた知念くんの睫毛の陰影にキュンとしながら「大丈夫です(だから会計を進めてその知念くんを早く私にくれ!!!!!!!)」と返事する瞬間が愛を深めている気がするのです。そんな瞬間を私はこれからも大切にしていたい。

 

 

 

 

だからずっと知念くんには箱入り息子でいて欲しいんだ。私は。だって可愛いから心配なんだもん。(結論がそれ)