今日から私、ジャニヲタになります

Hey!Say!JUMP 知念侑李くん 観察ブログ

知念くんの” 僕 ”が好き

私は活字を読むのが大好きで。

 

雑誌を買ったら、写真よりインタビューの文字に心が躍るタイプです。その人の人となりが分かるというか。言葉の端々に秘められたニュアンスを想像するのを楽しむタイプのヲタクらしいヲタクです。

 

余談ですが(*’ー’)

 

知念くんは ちねぺで「夏らしいことはあんまりしてないですね。あんまりって事は少しはしたの?って思ったあなた正解です」と発言したり、ドンピシャーナではドラムを叩くTOKIOの松岡君とギターを弾く錦戸くんを絞り込む為の質問に「楽器を”弾く”だからね?」さり気なく聞き返したり、と言葉の些細なニュアンスに意味を込められるタイプだと思っています。

 

 

なのでインタビューを読むのは楽しいんだな!舐めるように読んでるよ!

 

 

でもさ!!!!!!!!

 

(o・ω・)「俺はさ、」

 

って割としょっちゅう書かれているあれはなんなんだ!!!!!!!!知念ちゃんの一人称と言えば(o・ω・)「ボク」だろ!!!!!!!!ちゃんと校閲して!!!!!!!!ぬるいお仕事してるんじゃないでございますよ!!!!!!!!なんなら私にさせて!!!!!!!!!

 

知念くんがいくら裏で

(o・ω・)「俺は」

(o・ω・)「ワシは」

(o・ω・)「吾輩は」

って言ってても全部(o・ω・)「ボク♡」に修正してやるよ!!!!!!!!!

 (風評被害いい加減にしろ)

 

ああ!!!!!かわいいね!!!!!!

 

単純に知念くんが

(o・ω・)「ボクは…」と言っているのが可愛いから好きだと言うのもありますが、

 

一番の理由はこれにつきますね。

 

 

山田君が知念君のことを「知念はたまにロボットのようにこれは道ではないと思ったらバッサリ切り捨てることが出来る。そこがすごい。」と褒めてくれたことがありました。

 

人間誰しも思春期にちょっと背伸びしたいとか、大人ぶりたいとか。はたまた「皆俺って言ってるし…」など周りに流されたりする事はあると思うのです。

 

1番俺と言いたかった時期を乗り越えて知念くんはずーっと(o・ω・)ボクね、と言い続けてくれた訳です。アイドルでいるために「可愛いを一つの武器にする」と決めて今まで貫くのは知念くんの芯のぶれなさの表れのような気がして。

 

僕と言い続けてくれている間はきっと知念くんは知念くんの信念に沿ってアイドルをしてくれているのかな…と思えて、私は彼のこの一人称にとても愛着があります。

 

 

そして今、大人になった知念くんに僕という一人称は公共の場で使うに相応しいフォーマルな言葉に見えるようになりました。

 

 知念くんの持つ真摯でひたむきなイメージと共に世界体操プレゼンテーター、爪跡を残して羽ばたいて欲しいなと期待しています!